市販の睡眠薬の副作用 「ドリエル」や「プロリズム」は安全なの? | 睡眠薬の副作用研究部~薬に頼らず不眠を解消する方法!






市販の睡眠薬はちゃんと効果があるの?

睡眠薬には大きく分けて2種類あります。
睡眠薬
一つは、病院を受診することで購入できる睡眠導入剤

そして、もう一つが、
ドラッグストアなどでも簡単に購入ができる睡眠改善薬です。


睡眠改善薬というのは、
摂取することで眠気を誘う効果がある薬の事。


実は、睡眠導入剤のように、
きちんとした眠りをサポートする効果はなく、

ただ、眠いという状況を作り出すだけなのです。


ですので、一応は眠ることはできるのですが、
ただ眠たくなって浅い眠りを繰り返しているだけ。


体自体は、しっかり休めていないので、
体力の回復や疲れを取るなどの
睡眠本来の効果はほとんど期待できません。



残念ながら、
睡眠改善薬を飲んでも、
質の良い睡眠は得られない
のです。

それに、ただ薬の作用で眠くなっているだけなので、
睡眠障害の根本的な原因の解決にはなっておらず、
いつまでたっても睡眠障害は解決しません。


それどころか、薬が体になれてしまうと
その効果も効きにくくなってしまい、
結果、どんどん服用する量が増えてしまうということも。

一度服用すると、睡眠薬がないと不安になるなど
依存度も高くなってしまう傾向もあります。

手軽に買える睡眠薬ではありますが、

一度服用し始めるとなかなかやめられない、

実は怖いものだったりもするのです。





「ドリエル」の副作用は

ドリエル
市販の睡眠薬の中でも、
とくに有名なのは「ドリエル」でしょう。


ドリエルの有効成分は、
塩酸ジフェンヒドラミンという成分で、
抗ヒスタミン薬のこと。


抗ヒスタミン薬は、主に
アレルギー症状などをおさえる働きがありますが
「眠くなる」という副作用ももっているのです。


それを逆手にとって
睡眠改善薬として活用しているのが
ドリエルなのです。


ですので、実は、抗ヒスタミン剤や風邪薬を飲んでも
なかなか眠くならないという人には、
効きにくい可能性もあります。

このように、ドリエルは、抗ヒスタミン薬の「眠くなる副作用」を使って
眠れない体を強制的に眠らせる薬ということ。


その結果、ドリエルには以下のような
副作用が出ることがあります。

【ドリエルの副作用】頭痛

  • 眠っても体がだるくて疲れが取れない
  • 翌朝ボーっとする
  • 思考力の低下
  • めまいや頭痛、ふらつき
  • 薬への依存症



このように、市販の睡眠薬を
長く飲み続けることで
このような副作用が出るケースもあるのです。


手軽に購入できる市販の睡眠薬ですが、
毎日飲み続けることは、体に負担がかかり危険です。

睡眠薬を服用する前には
しっかりと副作用の事も
念頭に置いておくように
しましょう。





副作用のない「サプリ」で睡眠を改善する方法も!



このように、睡眠薬は強制的に眠りを促す「薬」です。
まとめ


しかし、強制的に眠る状態を作るのでは
不眠の根本的な解決にはなりません


睡眠薬に頼ることなく、
ぐっすり休むためには
眠れる体に体質改善することがとても重要です。


最近では、副作用もなく
自然に睡眠を促すサプリメント
も登場しています。

ですので、体への負担がかかる睡眠薬ではなく
まずはこのようなサプリメントを
試してみてはいかがでしょうか?




  >>副作用の心配なし! みんなが選んでいる安眠サプリって?