睡眠薬「レンドルミン」睡眠改善効果と副作用の危険性






「レンドルミン」はどんな睡眠薬?

レンドルミン
レンドルミンは、なかなか寝付けない、眠れないなど

入眠障害をサポートする効果のある睡眠薬です。


作用時間も短時間型で、
服用しても翌朝まで持ち越さないのが特徴。


ですので、レンドルミンを飲んでも
翌日に悪影響が出るということは
ほとんどないと言ってもいいでしょう。

睡眠薬の中では、比較的副作用も少なく
安全性が高い薬と言えます。


ですが、その分睡眠薬としての薬効も弱く
効果が実感できないと訴える人も多くいます。

だからと言って、効き目がソフトなので、
安心して服用できるというわけでもありません。

レンドルミンにも、副作用はありますので、
服用には注意が必要です。



「レンドルミン」の副作用は

レンドルミンは、非常に効果が弱い睡眠薬。

そのため、効果を実感するために、
過剰に服用してしまい、
依存症になってしまう
ケースが多く報告されています。


また、レンドルミンの副作用としては以下の症状があげられます。

【レンドルミンの副作用】頭痛

  • 発疹、発熱、かゆみなどの過敏症状
  • ふらつき
  • 手足のしびれやけいれん
  • 頭痛やめまい
  • 抑うつ、うつ症状
  • 呼吸器の異常
  • 薬へ過剰な依存

などの副作用が出るケースもあるのです。


確かに、睡眠薬の中では
比較的体への負担は少ないと言えるでしょう。

ですが、弱いと言っても
やはり睡眠薬には変わりありません。


睡眠障害で悩んでいる場合でも、
体のことを考えれば、なるべく薬に頼らずに
症状を改善する方が良いと言えるでしょう。




  >>薬に頼らずグッスリ眠れる みんなが選んでいる安眠サプリって?