睡眠薬「マイスリー」睡眠改善効果と副作用の危険性






「マイスリー」はどんな睡眠薬?

マイスリー
マイスリーは、
現在日本で一番売れている睡眠薬です。


病院を受診し、処方される睡眠薬ですが、
睡眠障害に悩む方の多くが、このマイスリーを処方されています。

特に、かつてポピュラーだったハルシオンに比べても
副作用の危険性も低く、比較的安全性も高いため

医師が好んでマイスリーを処方することが増えているそうです。


マイスリーは、超短期型の睡眠薬。
飲むと5分から30分ほどで眠くなります。

即効性があるため、寝つきが悪い、なかなか眠れないなどで悩んでいる
入眠障害の方からの支持が高くなっています。


また、マイスリーには、GABA(ギャバ)と呼ばれる
脳内の神経伝達物質の働きを活性化する作用もあります。

このGABAという脳内物質は、睡眠を司る働きがあり、
GABAを活性化することで
寝つきが良くなるという効果も期待できるのです。



「マイスリー」の副作用は

マイスリーは、体へ負担も少なく
比較的安全性の高い睡眠薬として知られています。

しかし、超短期的に眠気を促す強い薬でもあるので
やはり副作用が出る可能性も高いのです。

マイスリーの副作用で得に重篤なのは、
幻覚症状や錯乱症状です。

また、アメリカでは、睡眠時の夢遊病などの異常行動も報告されており
決して副作用がないとは言えません。


また、マイスリーの副作用としては以下の症状があげられます。

睡眠不足
【マイスリーの副作用】


  • 錯乱症状
  • 記憶障害 (特に服用直後)
  • 意識障害(夢遊病や幻覚症状)
  • 呼吸障害
  • ふらつきやめまい
  • 薬へ依存

また、マイスリーの服用を急にやめてしまうと
離断症状や依存症といった、恐ろしい副作用が出ることもあります。

いくら体にやさしいと言っても
やはり睡眠薬には変わりありません。


日常生活にも大きな影響を与える
副作用が懸念されますので、

簡単に薬を飲むのではなく、
まずはサプリ等で体調を整えるなど方法はあります。

しっかりと副作用の事を理解した上で
薬は服用するようにしましょう。




  >>薬に頼らずグッスリ眠れる みんなが選んでいる安眠サプリって?