睡眠薬「ハルシオン」睡眠改善効果と副作用の危険性






「ハルシオン」はどんな睡眠薬?

ハルシオン
ハルシオンは、睡眠薬の中でも
よく知られている薬の一つです。


心療内科や精神科などを受診することで
処方される「睡眠導入剤」に分類されます。

ですが、ハルシオンは、比較的効果が出やすい睡眠薬のため
最近では内科などでも処方されることもあるようですね。


ハルシオンの特徴は、
とにかく短時間で速やかに入眠できる
「寝つきをよくする」タイプの睡眠薬。


その効き目は超短時間型なので、
すぐに効果が実感でき、
効果の持続性も短いため、
翌朝まで睡眠薬の影響を受けることがないのが特徴です。


なかなか寝付けない、眠れないといった
入眠障害に悩む方には、特に効果的。

ハルシオンを服用することで
スムーズに寝付くことができるでしょう。



「ハルシオン」の副作用は



ハルシオンは即効性のある強い睡眠薬です。


そのため、常用すると依存症になってしまい
ハルシオンなしでは寝付けないようになるという
高い依存症の副作用が多く報告されています。


また、強い効果のある薬ですので、
その分、体への負担も大きくなっています。


ハルシオンには、以下のような副作用があります。

睡眠不足
【ハルシオンの副作用】

  • 薬への依存症
  • 夢遊病(睡眠時遊行症)
  • 発疹、発熱、かゆみなどの過敏症状/span>
  • 手足のしびれやけいれん
  • 頭痛、ふらつきやめまい
  • 過度な不安や興奮状態
  • 食欲不振
  • 倦怠感
  • 動悸、息切れ
  • 味覚障害



非常に効果が強く出る睡眠薬ですので、
イギリスなどではハルシオンの処方が禁止されています。


また、記憶が飛ぶなどの重篤な副作用がでることもあるため
ハルシオンの服用には注意が必要です。

寝つきが良くなるという効果はありますが
その分副作用があるという事は忘れてはいけません。


もし服用する際も
必ず医師の指示通りに、正しく服用しましょう。


また、ハルシオンだけでなく
睡眠薬は、睡眠障害の原因そのものを改善するのではなく
強制的に眠りを促しているだけ。


もし、あなたが本気で睡眠障害を改善したいのであれば
薬に頼るのではなく、体質を改善する方が得策です。


副作用の心配のないサプリメントなどで
しっかりと眠れる体つくりを心がけるのもいいと思いますよ。




  >>副作用の心配なし! みんなが選んでいる安眠サプリって?