睡眠薬「セルシン」睡眠改善効果と副作用の危険性






「セルシン」はどんな睡眠薬?

セルシン
セルシンは、不安や緊張、抑うつなどの症状を和らげ
精神症状を改善する効果のある
抗不安薬の一種
です。


日本では1964年に認可された薬で、
今でも多くの精神科医や患者から指示を受けています。

セルシンは、効果の持続時間が長く、

1日1回の服用で効果が24時間持続します。


また、筋弛緩作用もあるため
整形外科医なども、腰痛や肩こりなどの緩和薬として
処方することもある薬です。


セルシンには、催眠作用もあり、
体をリラックスさせることで、眠気を誘う効果が期待できます。



「セルシン」の副作用は



長い間、利用されている薬であるという事からも分かるとおり
セルシンは抗不安作用のある精神安定剤の中でも
比較的安心して服用できる薬です。


ただし、長期間にわたって常用していると
薬物依存に陥るケースもあり注意が必要です。


また、自身の判断で勝手に服用量を増やしたり
勝手にやめたりしてしまうと、
指先の震えや精神・神経症状が出ることもあります。


セルシンには、以下のような副作用があります。

寒気
【セルシンの副作用】

  • 湿疹や蕁麻疹などの発疹
  • めまいやふらつき
  • 目のかゆみ、目のかすみ、瞼のけいれん/span>
  • 手足のしびれやけいれん
  • 幻覚、妄想などの症状
  • 理由もないのに幸せな気分になる
  • よだれ、ふるえ、発熱などの悪性症候群
  • 精神・神経症状
  • 薬への依存



比較的安全な薬と言われているセルシンでさえも
多くの副作用があり、
中には重篤な症状も懸念されます。

不眠が続き薬に頼りたくなることもあるでしょうが
多くの副作用があることはしっかりと理解しておきましょう。


また、セルシンだけでなく
睡眠薬は、睡眠障害の原因そのものを改善するのではなく
強制的に眠りを促しているだけ。


もし、あなたが本気で睡眠障害を改善したいのであれば
薬に頼るのではなく、体質を改善する方が得策です。


副作用の心配のないサプリメントなどで
しっかりと眠れる体つくりを心がけるのもいいと思いますよ。




  >>副作用の心配なし! みんなが選んでいる安眠サプリって?