熟睡障害とは? 不眠症の症状と原因、対策






熟睡障害とはどんな症状?

だるい


熟睡障害とは、きちんと睡眠時間を確保し
ある程度の時間眠っているはずなのに

1日中眠気を感じる不眠症の症状です。


布団に入ればスムーズに寝付けるし
1日7時間近く寝ているにもかかわらず

なんとなく毎日だるくて疲れが取れないなどの症状が
数週間続くようであれば、熟睡障害の可能性
が考えられます。


熟睡障害は、眠ることはできても
睡眠の質が低い場合がほとんど。

眠りが浅く熟睡できていない状態のため
体や脳がしっかり休息を取ることができていません。

そのため、長時間眠っているにもかかわらず
倦怠感や疲労感が残ってしまうのです。



熟睡障害の原因は



睡眠不足
熟睡障害の原因は、加齢による睡眠力の低下です。


体内で睡眠をサポートする「メラトニン」という物質は
加齢とともに分泌量が低下してしまいます。

メラトニンは30代になると急激に分泌量が減っていき、
20代の頃はどんな環境でも眠れていたはずなのに
30代になると、睡眠の質は低下してしまいます。

きちんと睡眠環境を整えないと
熟睡できなくなってしまうのです。



熟睡障害の解決策 効果的な対策は

ベッド
熟睡障害を解消するためには、
まずは、快適に眠れるように睡眠環境を整えること。


快適な布団やまくらなどを整え、
快眠できる環境を作りましょう。


また、加齢とともに睡眠の質が低下しています。
今までなら6時間で体力が回復していたかもしれませんが

30代後半になると、睡眠の質が低下し、
若いころとは同じように回復できなくなっています。

あなたにとって最適な睡眠時間を
もう一度見直すことも大切
です。

【熟睡障害のあなたにおススメの改善策は】

  • 睡眠環境を整える
  • 体力が回復する睡眠時間の最適な長さを見直す
  • 休日でも一定時間に起き、体内時計を整える
  • 夕食は就寝の3時間前に済ませる
  • 昼間に太陽の光を浴び、軽い運動をする




熟睡障害と睡眠薬

もし、睡眠薬を服用して熟睡障害を改善するのであれば
睡眠薬
朝まで持続する睡眠薬を飲む必要があります。


こういった長期型の睡眠薬は、翌朝まで薬効が持続するため
目覚めた後も薬の影響が残り
日中ボーっとしてしまうなどの副作用が考えられます。

日常生活に支障をきたす恐れもありますので
睡眠薬を服用する際には、副作用をしっかり考慮し
医師の指示をうけ、正しく服用しましょう。


最近では、睡眠薬を飲まなくても
睡眠をサポートするサプリも多く登場しています。

まずはそういった体への負担が少ないものから
試してみて、セルフケアを行うのもおススメです。




  >>薬に頼らずグッスリ眠れる みんなが選んでいる安眠サプリって?