早朝覚醒とは? 不眠症の症状と原因、対策






早朝覚醒とはどんな症状?

目覚まし時計


早朝覚醒とは、本来起きるべき時刻よりも

1時間、2時間前に目が覚めてしまう不眠症の症状です。


以前に比べて、必要以上に早く起きてしまったり、
まだ3時、4時なのに目が覚めてしまって
そのあと眠れなくなってしまうことがあります。


健康な睡眠がとれている場合、
目が覚める時間は、翌朝の仕事や家事のスケジュールにあわせて設定し
その時刻に目覚めることが一般的です。


しかし早朝覚醒の症状がある場合、

目覚まし時計がなくても、

自分が決めた時間よりも早く起きてしまうことがしばしば。

週2回、3回と早く目覚めてしまうようであれば
早朝覚醒の症状が出始めている
と言ってもいいでしょう。


ただし、前日の入眠時間がはやく
たっぷりと睡眠時間が確保できている場合は
早朝覚醒の心配はありません。


また、年齢を重ねるにつれ、睡眠力が低下します。
高齢の方が早起きになるのは、
確かに早朝覚醒の一種ではありますは
治療の必要はありませんので、安心してくださいね。



中途覚醒の原因は



不眠
早朝覚醒の原因は、ほとんどの場合が
精神的なストレスが理由です。

たとえば、翌日の仕事で緊張している
ストレスでイライラしたまま眠りにつくなど。


こういったストレス状態のまま眠っていると
しっかりと熟睡することができず、眠りが浅くなります。

その結果、体がリラックスできず、
必要以上に目が覚めてしまうのです。


また、早朝覚醒はうつ病の初期症状の一つでもあります。

早朝覚醒が週に2回以上続く場合や
症状が数週間にわたって出ているようであれば

専門医にきちんと相談するようにしましょう。



早朝覚醒の解決策 効果的な対策は

早朝覚醒を解消するためには、
まずは、快適に眠れるように睡眠環境を整えること。
そして、ストレスを多く抱えている場合は
ストレスを発散させるよう努めましょう。

また、早朝覚醒はうつ病の初期症状の可能性もありますので
心療内科などを受診することもおすすめします。

【早朝覚醒のあなたにおススメの改善策は】

  • 睡眠環境を整える
  • 防音や遮光対策を行う
  • 寝る前にホットミルクなどを飲む
  • 布団の温度を33℃程度に温め、快適な眠りができるようにする
  • 生活のリズムを朝型に変えるのも◎




早朝覚醒と睡眠薬

睡眠薬
早朝覚醒は、先ほども紹介したとおり、

うつ病の初期症状の可能性もあります。

どうしても心配であれば、早めに心療内科を受診しましょう。


その際、睡眠薬を処方されることもあるかもしれませんが
眠気を強制的に作り出すのが睡眠薬です。


薬を服用する前には、医師としっかり
睡眠薬の危険性について話し合いましょう。
たくさんの副作用があることをしっかりと理解しておきましょう。


最近では、睡眠薬を飲まなくても
睡眠をサポートするサプリも多く登場しています。

まずはそういった体への負担が少ないものから
試してみて、セルフケアを行うのもおススメです。




  >>副作用の心配なし! みんなが選んでいる安眠サプリって?