入眠障害とは? 不眠症の症状と原因、対策






入眠障害とはどんな症状?



入眠障害とは、簡単に言えば

なかなか寝付けない不眠症の症状。

睡眠不足
不眠症の症状を訴える人の中でも
入眠障害を訴える人が一番多くなっています。


健康な人の場合、
布団に入って10分から15分程度で
すやすやと眠りにつくことができます。

しかし、入眠障害の方の場合は、
眠気を感じて布団に入った場合でも
30分、1時間、2時間…と

眠るまでに非常に長い時間がかかってしまうのです。


もちろん、健康な人でも
時々はなかなか眠れないという日もあると思います。

例えば、小学生の時の運動会や遠足の前日、
大人になってからでも、翌日の仕事のことなどを考えれば

その日は寝付けなかったということもあると思います。


ですが、そういった一過性の症状は
入眠障害ではありません。



入眠障害の場合には、

  • ものすごく疲れているのに寝付けない日が数日続く
  • 眠気を感じるのに、毎日寝つきが悪い
  • いつも同じ時間に布団に入るのに1時間近く寝付けない



などの症状がみられることがあります。
この場合は、注意が必要です。



入眠障害の原因は



入眠障害にはさまざまな原因が考えられますが
共通して言えるのは「交感神経」が活性化していることが
一番大きく関係していることが多いようです。


パソコン
交感神経とは、「動」の神経。
運動をしているときなど、体を活発に活動させたり
興奮状態のときに働きます。

交感神経と反対の働きをするのが、副交感神経。
こちらは「静」の神経で
リラックスタイムや睡眠中に働きます。


通常なら睡眠中には副交感神経が活性化されなければいけません。
しかし、入眠障害を訴える人の多くは
眠る直前にも「動」の交感神経が活発に働き
脳や体が休む状態に入っていないのです。


交感神経は、TVやスマホなどの明るい画面や
煌々とした部屋の明かりなどで刺激を受け活性化します。

ですので、スムーズに眠りにつくためには
交感神経を落ち着かせ、
静の副交感神経を活性化する必要があるのです。



入眠障害の解決策 効果的な対策は

入眠障害を解消するためには、
とにかく交感神経を落ち着かせ
副交感神経をしっかりと働かせることが大切です。

そのために、布団に入る前から
少しずつ入眠の準備をする必要があります。

【入眠障害を改善する具体的な対策】

  • 38~39度のぬるめのお湯でゆっくり(20分間程度)入浴しましょう
  • 入浴後は、少し体を覚まします。
  • 夜間は運動を避けリラックスを心がけましょう
  • 食事は就寝の3時間前までには済ませましょう
  • 布団に入る1時間前には照明を暗くし、
    間接照明などでリラックス効果を高めておきましょう
  • パソコンやスマホは就寝の2時間前にはやめましょう



入眠をスムーズにする副交感神経は、リラックスした状態で活性化します。



入眠障害と睡眠薬

睡眠薬
入眠障害を睡眠薬で改善する場合、
入眠を促す作用のあるマイスリーやハルシオンが処方されるとおもいます。

これらの睡眠薬は、病院でしか処方されない薬で
体への負担の大きく、副作用も心配です。


それに一時的に不眠症を改善する効果があっても
不眠症の原因を根本から改善するものではありません

ただ、眠気を強制的に作り出すのが睡眠薬です。

薬を服用する前には、
たくさんの副作用があることをしっかりと理解しておきましょう。





  >>薬に頼らずグッスリ眠れる みんなが選んでいる安眠サプリって?