疲れているのに眠れないのはなぜ? 原因と対策を徹底分析






疲れているのに眠れないのはなぜ?

眠れない
仕事や家事で1日中忙しく働いて
体はくたくたに疲れているのに
布団に入ると、なぜか眠れない



そんな経験をしたことがある方は
たぶん、多くいらっしゃるのではないでしょうか?


通常であれば、たくさん動いて疲れ切った日は
ぐっすりと眠ることができるはず。

なぜなら、きちんと眠ることには
疲労回復したり、疲れた脳を休ませたり
体全部を休ませるという重要な作用があるからです。


にもかかわらず、なぜ、こんなに疲れているのに
眠れないということが起こるのでしょうか?



眠れない原因は「生活リズムの乱れ」

疲れているのに眠れない場合、
その最大の原因は「生活リズムの乱れ」があげられます。


太陽
規則正しい生活リズムで生活すると
朝、太陽が昇ったら目覚め
昼間は適度に外に出て仕事をし
夜は暗くなったら、リラックスして体を休めます。


しかし、最近では1日中部屋に引きこもったままで過ごしたり
夜遅くまでTV画面やスマホの画面などを見たり。
1日中、明るい光の下で生活しています。

更に、毎日の起床時間や就寝時間がバラバラで
不規則になると、体内時計が狂ってしまいますよね…。


ほとんどの方が、理想的な規則正しい生活リズムが
送れているとは言い難いのが現状です。


体内時計が狂ってしまうと、
本当は夜の11時なのに
体内時計はまだ夜の7時なんてことも起こってしまいます。

逆に、昼間に眠気が襲ってくることもあり、
そこで寝てしまうと、夜眠れなくなってしまい悪循環。

寝不足の症状がどんどん悪化してしまうのです。


疲れているのに眠れないということが
しばしば起こるようになった場合は、

まずは規則正しい生活リズムを送るように心がけましょう。

太陽の光をたっぷり浴び、
睡眠を促す脳内物質をたくさん分泌させれば
次第に症状も改善してきます。

しっかりと眠るためにも、
生活のリズムを整えるよう、心がけてくださいね。





  >>副作用の心配なし! 当サイトおススメの安眠サプリはこちら