「眠いのに眠れない」 不眠症の原因は






「眠いのに眠れない」不眠症の原因は

睡眠不足
「眠いのになかなか眠れない」

「眠っていても朝早くに目が覚めてしまう」

「疲れているのに寝付けない」


など、不眠症に悩む方は本当に多く、
その症状も人によってさまざま。


この不眠症の原因も、人によって様々ですが、
大きく分けると、以下の3つに当てはまります。

ストレスなどの心理的原因

対人関係や仕事の問題、家庭でのトラブルなど
なにかのストレスが原因で睡眠障害を起こすことがあります。

痛みや発作など心身的原因

咳が出続けたり、外傷や関節の痛み、
発疹や蕁麻疹などのかゆみが出ていると
眠いのに眠れない事が起こり、不眠症の原因になります。

うつ病、精神的な疾患

うつ病や精神を患っていると、なかなか寝付けず不眠の原因になります。

憂鬱な気持ちや不安などが原因で
眠れなくなるケースは非常に多いのです。

不眠症の3分の1以上の方が、
うつ病などが原因で不眠症を発症しています。


このほかにも、時差ボケやアルコール、カフェインの飲み過ぎなどが
睡眠障害の原因になることもあります。



根本的な不眠症の原因は「セロトニン不足」

ストレスや精神的な悩みが原因で
不眠症を発症している場合、
その多くの症状は体内の「セロトニン」が不足していることで起こります。


セロトニンとは、脳内の神経伝達物質の一種で
心を落ち着かせ、睡眠を促す作用があります。

体内でセロトニンが十分に分泌されていれば
イライラやストレスも感じにくくなり
精神的にも安定します。


もし、ストレスを感じることがあっても
セロトニンがきちんと分泌されていれば
精神的な緊張や不安を和らげ、リラックスする効果があるのです。


また、セロトニンは、夜暗くなると
睡眠を促進する「メラトニン」に変化する性質もありますので
セロトニンが十分体内にあれば
しっかりと眠ることができる
ようにもなります。



なぜセロトニンは不足してしまうの?

このように、あなたの眠りを左右する「セロトニン」ですが
なぜ、不足してしまうのでしょうか。


それは、私たちのライフスタイルが一番の原因だと考えられます。

ちゃんと日光に当たっていますか?

パソコン

日光はセロトニンを増やす効果があります。
一日中部屋に閉じこもって、パソコンやスマホなどを見ていてはダメ!
会社の中でずっとこもっているのも、セロトニンを不足させる原因です。


太陽をあび、太陽の光を目で見ることで、
脳が活性化されセロトニンが分泌されます。



定期的に運動をしていますか?

適度な運動は、セロトニンの分泌を促します。
運動不足は、セロトニン不足の原因の一つです。


特にセロトニンの分泌に効果が高いのは
一定のリズムにのって同じ動作を繰り返す「リズム運動」と呼ばれる動き。
例えば、ウォーキングやランニングなどは、
リズム運動の代表的なものです。

適度に運動を取り入れることで、セロトニンの分泌が活性化します。
運動不足気味で、なかなか寝付けないという方は
ぜひ、簡単なウォーキングなどから始めてみましょう。



しっかり栄養を取っていますか?

サラダ
セロトニンは、トリプトファンと呼ばれるアミノ酸と
ビタミンB6が合成してつくられます。


トリプトファンは、実は体内では作ることができない成分。
ですので食事やサプリ等で補う必要があるのです。

あなたはバランスの良い食生活ができていますか?


また、最近では、トリプトファンやビタミンB6など
セロトニンの分泌をサポートする成分が配合された
サプリ等も多く登場していますので、
セロトニンの分泌を促すためにも、そういったサプリを活用するのも
セロトニン不足を改善するきっかけになります。


  >>セロトニンの分泌を促す 当サイトおススメ安眠サプリはこちら